プロフィール

yukimitsu61

Author:yukimitsu61
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月刊アーカイブ


カテゴリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産後クライシスとは⁉︎

みなさんは「産後クライシス」
というキーワードをご存知でしょうか?

産後クライシスとは、出産後に育児などが原因で良好な夫婦関係が築けなくなり、最悪の場合
離婚へつながってしまう現象のことです。

産後の女性の7割が「夫に愛情を感じていない」!?

ある調査によれば、夫への愛情を感じると答えた女性の割合が、妊娠期には7割だったところ、産後に3割まで激減したそうです。

この背景には、多くの女性が育児や家事に非協力的な夫に対して強い不満を抱いているという状況があるようです。

出産後の女性はホルモンバランスが崩れやすくなっているため、心身が非常に不安定であり、些細なことでも神経質になりがちです。

毎日が初体験の育児の中では、いつもであればスルーできることでも、マイナスに捉えたり、悲観的になってしまいがち。

知らず知らずに蓄積されていく不満が、最終的に「夫嫌い」を引き起こし、離婚に至ることもあるようです。


厚生労働省が5年に1度行う、全国のシングルマザーを対象としたアンケートによると
「末の子どもがいくつの時に離婚したか」という問いに対し、全体の3割近くが0~2歳と答えています。



産後クライシスを回避するための方法【妻編】

1.自分が何を望んでいるかを言葉で伝える

どんなにつきあいの長い関係であっても絶対に「以心伝心」はないと心得ましょう!

察してもらおうと思わず、また、我慢せず言葉で伝えましょう。

2.些細なことでも協力してくれた夫をほめる

大きな子どもがもうひとりいると思って、家事や育児に協力してくれた夫をしっかりほめてあげましょう!

3.夫に完ぺきを求めない

「イクメン」は奇跡と思って、6割程度こなしてくれたらよしとしてあげましょう!



産後クライシスを回避するための方法【夫編】

1.「産後うつ(産後ブルー)」を理解する

近年増加傾向にあるといわれている「産後うつ」問題。

これは「マタニティブルー」とは別の
はっきりとした病気であり、最悪の場合

自殺や虐待に発展することもあります。


不慣れな育児、夫の育児不参加、寝不足などによる体力的な限界

急激な生活の変化と社会との孤立感など、発症原因はさまざまです。

しっかりと妻の気持ちを理解し、サポートしてあげましょう!

2.発言に注意する

産後、育児中の妻は心身ともに疲弊しがちです。
いつもなら笑って軽くスルーできることでも、うまく流せずに傷ついてしまうときがあります。
発言は慎重かつデリケートに!

3.育児・家事をする

「手伝う」のではなく、「する」という意識で育児や家事に取り組みましょう!

4.とにかく話をする

産後クライシスの最大の原因はコミュニケーション不足です。
育児に必死な妻に対して、夫から積極的にコミュニケーションをとるよう心がけましょう!

話し合うことが何より大切

家族が一人増えて、毎日がハッピーで楽しいはずなのに、なんだか心が晴れない、イライラが募ってしまうなんてとても切ないですよね?

そうなってしまう前に夫婦で向き合い、育児についてじっくり話し合いましょう!

どうしてもつらい時は、病院や専門家に相談してみるのも良いでしょう。
夫婦の気持ちが寄添い、穏やかであることが、一番の子どもへの愛情かもしれませんね(^^)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://yukimitsu61.blog.fc2.com/tb.php/14-f5d70a0e

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。