プロフィール

yukimitsu61

Author:yukimitsu61
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月刊アーカイブ


カテゴリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『おでん』のルーツ

寒い夜に恋しくなるこんにゃく、卵、牛スジに大根……。

ハフハフしながらほうばりたい(´Д` )

冬の風物詩『おでん』

そのルーツはどこにあるのか?

文献を調べると、江戸時代後期の風俗や事柄を解説した
「守貞謾稿」(もりさだまんこう)に、熱燗とおでんを出す記述があります。

ここでいう“おでん”とは、竹串に刺して焼いた豆腐に味噌をつけて食べる田楽(でんがく)のこと。

豆腐以外にもナスやこんにゃく、里芋などがあり、庶民が気軽に食べられるファストフードだったそうです。

宮中の女官がこの田楽のことを「おでん」(おでんがくの略)と呼び、それが町娘へと広まったようです。

なかでも人気だったのが、こんにゃく!

庶民の間で長寿や健康への関心が高まったこの時代
体によい食材の代表格としてこんにゃくも全国へ普及。

江戸ではこんにゃくを焼かずにしょうゆで煮込むようになり、具材も増えて今の様な おでんへと変化します。

その発祥や過程には諸説ありますが、

江戸後期のしょうゆ煮込みが明治期に汁気の多いものに変わり
大正時代に関西へ。

すでに広まっていた田楽と区別するために関西ではこれを“関東煮”(かんとだき)と呼びましたが、味付けは関西好みに仕立て替えられました。

この時点では、関東のおでんはかつおだしに濃い口しょうゆと砂糖の甘い味、関西の関東煮は昆布だしで薄口しょうゆやみりんのあっさり味と

同じ料理ですが東西で呼び名も味付けも違っていました。



ところが関東大震災後
関西の料理店や料理人が関東へ進し
“関西味の関東煮”(ややこしい!)も上京

関東に甘辛味とあっさり味のおでんが存在するのは、こういうわけなんです。

その後、かつおだしと昆布だしを合わせて甘辛く味付けしたおでんは全国へ普及。

その発展系として、味噌煮込みになったり、たれが付いたり、土地の食材がおでんの種になったり……と

各地に“ご当地おでん”が誕生します。静岡の“黒いおでん”も近年有名になっていますΣ( ̄。 ̄ノ)ノ



おでんという料理は、土地の味と季節の味を大切にする日本の文化や、日本人の豊かな感性を知ることができます。

なんて長い歴史に思いを馳せつつ、いつものコンビニおでんもいいけれど、たまには老舗のおでん屋さんへ足を運ん風情を楽しんでみるのもいいですね(≧∇≦)

効率良くダイエット

運動して痩せたいけれど、ハードな運動はたいへんで続かなさそう...。

そんな方にぜひおすすめしたいのが「スロージョギング」

スロージョギングとは
ウォーキングと同じくらいの速度で走るジョギングのこと。

ジョギングよりも疲れにくく、ウォーキングよりも消費カロリーが多いのが特徴です。

今回はスロージョギングで無理なく痩せられる理由と、そのやり方を詳しくご紹介します。



消費カロリーが高く、楽チンなので長続きする

同じ時間で「ウォーキング」と「スロージョギング」をした場合の、消費カロリーを比べる実験をしたところ、スロージョギングの方が1.6倍消費カロリーが高かったそうです。

つまり、スロージョギングは効率よくダイエットができるというわけ。

また、スロージョギングはジョギングよりも疲れにくいので長時間続けられます。なぜ疲れないのか。
それは「遅筋」だけを使うから。

筋肉は「速筋」と「遅筋」でできています。

「速筋」は素早く体を動かすジョギングなどで使われますが、持久力がなく使うとすぐに疲れます。

一方スロージョギングで使う「遅筋」は、持久力に優れ疲れにくい筋肉なのです。

スロージョギングのやり方とコツ

<やり方>
リラックスしておしゃべりができる程度のスピードで、軽く足踏みをしながら進んでいく(時速4~5kmが目安)

<コツ>
・背筋を伸ばし、せまい歩幅でテンポよく進む
・ひじを90度に曲げてふる
・辛くなったら歩く

時間のない方は、通勤通学時、廊下を歩く時など日常の動作にスロージョギングを取り入れてみましょう。それだけでも、消費カロリーがアップして痩せやすくなります(^ ^)

髪の毛の構造を知ると、美肌にもなれる!

毛は3層構造です。
毛は毛母細胞から作られます

毛は、皮ふの付属機関といわれますが、実際は表皮と類似しています。
ケラチンタンパク質メインの死細胞でできています。
多くの人が知っている
キューティクル(毛の外側)と
コルテックスと
メデュラ(各内部)の3層構造です。


キューティクル(毛小皮細胞)という角化した死細胞は、毛を汚れや紫外線から保護し、ハリ・コシと艶感という
外観的美しさも演出します。
鱗のように互いが重なってつながっています。
重なりが多いほど髪は太くなり、ハリやコシが出ます。
色は無色です。
キューティクルを毀損すると、光沢感が無くなり、艶が無くなり、さらに既存部から毛髪内部の細胞間脂質が流出しダメージ髪となります。

コルテックス(毛皮質細胞)は、キューティクルに覆われた毛の内部構造の主力部分です。
体積で毛全体の85%を占めます。
このコルテックスが毛のハリやコシを出します。
コルテックスには色素が混ざっており、髪の色を決定しています。
コルテックスを構成する細胞間脂質がキューティクルの損傷で漏出すると、ハリ・コシが無くなり、毛も断裂しやすくなります。

メデュラ(毛髄質細胞)は、保温と光沢に影響を与えているといわれています。細い毛では存在しない場合もあり、産毛には存在しません。

これら3つの毛の細胞は
毛母細胞から造られます。
毛母細胞が毛乳頭の指令に従い、キューティクルやコルテックスに変身(分化)します。

毛を太く長くするには、毛母細胞が活発に分化しなければなりません。
毛母細胞分裂を促すには、毛乳頭からのたっぷりの酸素や栄養供給が必要です

毛乳頭は、毛母細胞に栄養供給をするだけでなく、変身の司令塔の役目もします

毛乳頭は、皮ふでいうと真皮です。
毛は表皮と類似しているといいましたが、まさしく真皮に張り巡らされている毛細血管を通じて健康な表皮が育成されているように、毛も毛乳頭の中に入り込んだ毛細血管を通じて酸素や栄養を受け取って成長します。
毛乳頭は毛母細胞の栄養供給基地です

毛乳頭が他の真皮と異なるのは
毛乳頭細胞という毛母細胞の分化や活性をコントロールする細胞で作られている点です。

毛母細胞単独では、いくら血液供給を受けたとしても毛は生えないことは立証されています。
毛乳頭細胞と毛母細胞を一緒にすると毛は育ちます

毛乳頭周辺の毛包組織を簡単に説明します。

毛乳頭を中心に、毛根があり、その毛根を毛根鞘(もうこんしょう)が支え、毛根鞘のまわりを真皮との結合組織が取り囲んでいます。
毛乳頭には毛細血管や末梢神経、リンパ管が入り込んでいます。



毛根は毛母細胞が変身(分化)したものです。
毛乳頭は毛細血管を通じて、血液からの酸素や栄養を毛母細胞に渡しています。

毛乳頭内の末梢神経は、知覚刺激を受けるとIGF-1という毛母細胞活性因子を作り出し、毛母細胞を活性するといわれています。

イソフラボン(豆腐や納豆)とカプサイシン(唐辛子)を一緒に食べると育毛に良いといわれますが、このことです。
毛母細胞は、毛乳頭の特定部分に接することで、毛(このあたりでは毛根といいます)になります。

その際、毛の構造物であるキューティクルやコルテックス、メデュラになり
同時に毛(毛根)を支える毛根鞘(内毛根鞘細胞や外毛根鞘細胞)にも返信します。
毛母細胞って、5種類の細胞に変身(分化)するんです。

毛母細胞は毛乳頭に接する場所が1列ずれるだけで、別の細胞に変身(分化)します。
毛乳頭の中央部に接した毛母細胞はメデュラになり、その隣に接しが細胞がコルテックス、そのもう少しとなりに接するとキューティクルになります。

外側から1つ内側に接した毛母細胞は内毛根鞘細胞になり、最も外側に接した毛母細胞は外毛根鞘細胞になります

毛乳頭は毛乳頭細胞で構成された真皮の一形態であり
毛母細胞の重要なパートナー細胞です。毛母細胞を、毛の重要な組織に変身(分化)指示をする司令塔です

毛根鞘細胞が毛を支えています。毛包幹細胞も守っています

毛根鞘細胞は表皮細胞の一つです。毛根鞘細胞には大きく2つあります。毛根鞘の内側で毛をしっかりグリップしている内毛根鞘細胞と、外側から内毛根鞘細胞のグリップ力を助ける外毛根鞘細胞です。

内毛根鞘細胞で作られる内毛根鞘は、キューティクルをしっかりとグリップするために
毛根から毛先に向けて並ぶうろこのようなキューティクル?にない
そのうろこを支えるように、毛先から毛根に向けてとげの様な形状をしています。
そのため、毛を引っ張っても
成長期の毛の場合は毛だけが抜けることはありません。強く引っ張ると毛根鞘ごと抜けますが、それはこの内毛根鞘がキューティクルをがっちりとグリップしているためです。

外毛根鞘細胞で作られる外毛根鞘にはバルジ領域という毛にとって大変重要な部位があります。
その部分には毛包幹細胞と色素幹細胞という2つの毛にとって大切な幹細胞が眠っています。

毛根鞘は、物理的に髪を支える機能だけでなく、毛包幹細胞や色素幹細胞という髪の構成物全てを創りだす幹細胞(親細胞)の住まいという重要な構造物でもあります。

このように、毛は3組織(毛乳頭、毛母細胞、毛根鞘)で構成されています。毛乳頭は真皮組織ですから肌の真皮と類似の機能を有しています。毛母細胞や毛根鞘は表皮と親(幹細胞)が同じ組織です。ですから表皮と毛包(毛と毛根)は名称こそ違いますが兄弟です

毛の健康は、真皮側の毛乳頭細胞と表皮側の毛母細胞および毛根鞘細胞の複雑な連携で維持されています。

この事実は、発毛や育毛、養毛など毛の健康になるための行動(食事や日常生活の見直し、有酸素運動やマッサージなど)は、お肌の健康の実現策と基本的に同じであることを示しています。

毛だけをピンポイントで健康にするような治療もありますが、どんな治療を受けようと、皮ふに不健康なことをしている限り、毛も不健康(薄毛化、ハリ・コシ・艶の消失等)になります。

美髪を守るために努力をすることは、美肌(=美人)になることでもあります

本物⁉︎

沢山の人を乗せるジエット機。
それがミニチュアラジコンになったと言われても
まさか5メートルを超えるモノとはだれが想像するでしょうか。

スイスのラジコン飛行機愛好家
Peter Michelさんが8ヶ月かけて作成したのは
長さ4.81メートル
翼幅5.30メートルを超え
毎分1.14リットル消費する
ガソリン9.84リットル分のタンクを有する
とんでもないサイズの大迫力な
「ミニチュアRC」です(^^)

燃料の限界で約8分間しか飛行できないということですが

大空を舞うその姿は、
本物のA380が飛行する様子を少し早送りで見ているかのような、でもそのリアリティーに「乗れそうじゃん」と思ってしまいそうなほど、わくわくする瞬間です。

使われている素材は、
スタイロフォームや軽量バルサ材がメインで
離陸の際のエンジン音は、本物さながらのキュィ~ンといったサウンド。
なんだかゾクゾクしますね(≧∇≦)

離陸、着陸の際には見学者も拍手喝采!とても迫力のあるラジコン、日本でも気楽に遊べるようにならないかな~(^^)

透明な魚⁉︎

半透明の体のむこうに海の青が透けてみえる、奇妙な物体。
かたちは魚あるいはエビのようですが、果たして生きているのか
そもそも「生き物」なのか!?

そんな、見た者の頭の中を「?」でいっぱいにする不可思議な物体が
ニュージーランド沖にて捕獲されたと、海外サイトが報じています。

同地で漁師として働くスチュワート・フレーザーさんが『サルパ・マッジョーレ(Salpa maggiore、salpa maxima)』に出会ったのは、まさに仕事をしている最中でした。

「オレンジの小さな塊が中にぽつんとあるだけの、ウロコのようなもので覆われた透明のゼリー」を見た瞬間

フレーザーさんはじめ
漁師仲間たちは、一同困惑したとのこと。

そりゃまあそうですよね、こんなのがいきなり目の前に現れたら。

で、肝心の『サルパ・マッジョーレ』の正体ですが、一体なんなのか。これがまた、非常に謎に満ちているのですよ。



しかし、『サルパ・マッジョーレ』については、ほとんどその謎が解き明かされていないというのが現状です。

わかっていることは、彼らが無脊椎動物であり、南極海など冷たい海に生息しているということ。

体は樽型でゼラチン状、水を吐き出しながら泳ぐということ。
水を自らの体内でフィルタのように綺麗にこして、プランクトンを主食としていること。
そして最も特筆すべきは、餌が豊富なときはクローン化する、ということです」

ええっ、クローン化!? 

自分で自分のクローン作っちゃうんだ? す、すんごーーー!! 

しかもそのクローン、とてつもない早さで成長するんですって……想像するとかなり恐怖なんですけど。

その半透明ボディーのおかげで、水の中に入ってしまうとほとんど目立たないという、『サルパ・マッジョーレ』。この姿で、一体どんな動き方するのか、個人的にとっても気になります(笑)

««前のページ  | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。